Monthly Archives: December 2011

InstagramとFoursquareはなぜ成功したのか?2012年最も大事な5つのキーワード

Bestapp

もうすぐ2011年にも幕。

今年大きくブレイクし、新たなプラットフォームとしての地位を確立したサービスと言えば、写真共有のInstagramとローカルチェックインのFoursquareではないでしょうか。Instagramは昨年リリース、Foursquareは2009年の6月に正式公開してますが、ともに今年の9月と6月に1000万ユーザーを突破するという大きなティッピングポイントを迎え、APIの公開も相まってどちらもプラットフォームとして大きく飛躍しました。また、2011年を振り返って、ベストスマートフォンアプリを選ぶとしても個人的にはこの2つです。

InstagramとFoursquareはなぜここまで成功できたのか。それぞれの成功の要因を5つのキーワードでまとめたいと思います。2011年のバズワード的なキーワードもありますが、本質的には2012年と言わず普遍的に大事な成功則だと思います。

 

Pivot

InstagramはもともとBurbnという総合的なソーシャルチェックインのアプリだったことはもはや有名ですね。彼らはそのサービスをリリース後、「どう使ってもらいたいか」ではなく、「どのように使われているか」そして「実際どのような問題を我々のサービスは解決しているのか」に注目し、その結果「写真の共有」が最も利用されていたので、その1点に集中してサービスを方向転換(Pivot)させました。もちろんそれだけでなく、iPhone4登場による解像度向上による写真利用のニーズ拡大など大局の流れとのセットでPivotを決めています。なのでこういったユーザーベースのアプローチとマーケットベースのアプローチのバランス感覚がPivotを決める上で重要なんだと思います。今までPivotに失敗しているサービスや企業は、このどちらかが欠けていたり、バランスが悪かったりしたのが要因ではないでしょうか。

 

Focus

Instagramの事例では、上記Pivotにおいても軸となったのは集中(Focus)です。「Burbnのコアな機能をひとつだけ残せるとしたら、何を残すか」という軸のもと、総合的なサービスから「写真の共有」にFocusしました。またInstagramがこれだけ短期間にサービスを拡大できたのも、iOSというプラットフォームに絞ってサービスを改善してきた結果です。普通の考えだとAndroidなど他のプラットフォームにもサービスを拡げる形でユーザーベースの拡大をはかりがちですが、これは実事業者にしか理解しづらいことかもしれませんが、プラットフォームを増やして開発リソースを分担、もしくは組織を拡大して対応することは、結果として全体としての開発スピードやサービスクオリティを落とす事につながることが多いです。コミュニケーションの複雑化、多岐にわたるマネジメントの発生、マーケティングの分散と複雑化など、「拡大」におけるデメリットの落とし穴は数多く存在します。Instagramはこの事を認識した上で「拡大」への気持ちをぐっとこらえて少数精鋭でのiOSフォーカスを保ったのだと思います。

またFoursquareも競合のGowallaに比べて徹底的に「Check-in & reward」、つまりチェックインというアクションと、それに対してメイヤーという称号やバッヂなどのインセンティブを与えて動機づけるというアクションループの精度を高めることにひたすらFocusしてサービスを拡げてきました。どちらもしたたかだと思います。

 

Gamification

このキーワードも今年かなり耳にしたものですが、最も体現しているサービスはFoursquareですね。実際未だにヘビーユーザーとしてFoursquareでガンガンチェックインしてますが、Foursquareの場合はユーザーベースが拡大すればするほどハマっていく仕組みになっています。誰もが自分の好きな場所、好きなお店はあったりしますよね。そこでメイヤー(市長)になることは周りのユーザーが増えるほどメイヤーの優越感は増していきます。また、Foursquareでは相手との戦いだけではなく、自分のチェックインの可視化によって過去の自分とも対峙するので、ほんの少しでも向上心のある人なら過去の自分を越えようと思ってチェックインにいそしむでしょう。この「Gamification」という呼び方は最近もてはやされていますが、今後のサービス作りにおいてものすごく普遍的に大事な要素だと思います。特にスマートフォンアプリは日々増え続けて行く中で、我々が直面しているのは競合過多環境におけるユーザーの可処分時間の奪い合いです。その中で、今後より

①ソーシャルメディアを活用して定常的にバイラルを生み続ける仕組み

②ユーザーをアクティブ化させ続ける仕組み

という2つが大事だと思います。この2つを促進する上において、Gamificationという概念は外せない要素になるのではないかと思います。

 

Location

O2O(Online to Offline)という言葉も今年は良く耳にしましたが、ここで言いたいのは引き続きロケーションベースのサービスが流行る、そのオンラインの動きがリアルなビジネスと結びつくということではなく、そういったサービスがモバイル、スマートフォンによって拡大していくことは前提として、さらに”地の利”を意識することが大事ということです。Foursquareの最大のライバルは同次期に同じコンセプトでリリースされたGowallaでした。今月FacebookはGowallaの買収を発表し、この長い戦いにも終止符が打たれFoursquareの勝利がより明確になったワケですが、この戦いの勝因の大きなひとつがheadquraters、つまり本拠地です。ロケーションベースのサービスの鉄則は、先ず特定の地域やコミュニティにおいてマジョリティを取る事。逆にそうやってクリティカルマスを越えないとサービスの本質は発揮できません。Foursquareの本拠地はアメリカの中心地であるNewYork、GowallaはAustinでした。New Yorkは様々な会社や店が密集し、チェックインする場所に関しては事欠きません。また、その地に集まる人たちもまた、先進的なサービスに敏感で社交的な人たちです。どちらの拠点が有利かは自明ですね。

また、ここで「Location」を挙げたのはそれだけではありません。

 

Marketing/Design

これは非常に広い意味合いを持つ万能な言葉なのですが、特に重要だと思うのがサービスをユーザーに届ける活動全般、そしてサービスをブランディングし、収益化するための活動全般。そしてそれら全体を”デザイン”することです。Foursquareが地の利でGowallaに勝利したのは、単純にチェックイン対象のスポットが密集していたり、そういった先進的なサービスに敏感で社交的な人たちが集まっているからだけではありません。初期のFoursquareをドライブさせたのがBravo, Zagat, Showtime, MetromixなどのNew Yorkに本社を置くサービスとパートナーシップを組んだことだと言われています。こちらの「ニューヨークのスタートアップシーンが熱い理由でも指摘しているような、いわゆる”New York Shift”の本質の部分が今後より大事になるのではないかと思います。つまり、テクノロジーをベースとした優れたものさえ作れば、ソーシャルメディア上で拡散し人々に広く受け入れられるようなある種”ラッキーパンチ”が打てるような時代は終わり、2012年以降は良いサービスをいかに各種のメディアやソーシャルサービス、他の企業との協業などを通じて拡げ、ブランディングし、かつその全体の文脈にあった絶妙なビジネスモデルを構築するなどの、総合的なサービスの“デザイン力”が競争力になっていくと思います。ありとあらゆる手を尽くして”勝つべくして勝つ”戦いをしなければ勝てない。だからこそより”Marketing””Design”という概念が大事になると思います。だからこそそこにアクセスしやすい”location”が大事だと思います。最近は日本でも地方でのスタートアップシーンが盛り上がっていたり、盛り上げようという動きがありそれはそれで良いと思うのですが、特に“Marketing”という”Technology”に比べると人と人のつながりにも依存度の高い要素を考えると「東京」で事業を行うほうが断然有利だと思います。

 

来年はどんな年になるのでしょうか。本当に楽しみです。「ニューヨークのスタートアップシーンが熱い理由」にあった下記の言葉を、噛み締めるような年になるのではないかと思います。

デザイン、賢明な新しいビジネスモデル、そして、配信の経験がテクノロジーと同じぐらい重要視される段階に達しているため、東海岸のテックシーンは盛り上がっている。新しい東海岸で成長する企業は、西海岸が過去10年で作り上げたテクノロジープラットフォーム、アマゾン等の使い方が簡単なインフラ、グーグル等の発見ツール、そして、フェイスブックのソーシャルグラフに依存している。エッツィ、グルーポン、そして、ギルトグループ等の企業はテクノロジー系企業と考えられているかもしれないが、実はテクノロジーを基に作られた賢く、新しい革新的な企業である。才能豊かなデザイナー、マーケッター、そして、実業家がニューヨークに集まっているため、この傾向は今後も続くのではないだろうか。

 

Advertisements

あの「color」がフルリニューアルしてローンチ、そのピボット全貌。

今年の春に話題をさらった写真共有アプリの「color」が完全リニューアルしました。

以前のエントリー「6ヶ月の沈黙を破ってあの「color」がまさかのFacebook連携で完全復活?」でもレポートしましたが、$41Mという巨額な資金調達と斬新なコンセプトで今年3月に鮮烈なデビュー、メディアで持ち上げられたまくったものの鳴かず飛ばずで完全に沈黙状態になっていた「color」。9月に海外Tech系メディアにてFacebook連携にて再スタートの記事が踊っていましたが、いよいよ先週フルリニューアルしてローンチされました。

Colorcom

記事にした9月時点での状態から、colorチームはHarverdの学生だけにエクスクルーシブでbeta版をリリースしてかなり改善を加えた模様です。上記.comのサイトを見てもロゴもデザインも一新、さらに使ってみると以前の「color」とは全く異なるコンセプトのアプリになっていました。というかもう別アプリです。何がどのように変わったのか、そして今回のポイントは何なのか、簡単にまとめたいと思います。

 

1.コンセプトは”ステイタス更新の再発明”

FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークによって、ユーザーは簡単に自分が今どこで何をしているのか友達や家族に簡単に共有することができるようになりました。具体的には自分が何をしているかTwitterにつぶやいたり、今いるレストランの食べ物を写真にとってFacebookにコメント付きでアップデートしたり。こういった既存の「status update(ステイタスの更新)」を再発明しようというのが今回の「color」の新しいコンセプトです。

そこで彼らが提案するのが「Visit」という世界観。具体的な手段としては「Video」を使います。厳密には「Video」では無いのですが、それは後述します。ちなみに「Video」の共有サービスならもちろんViddyやSocialcamなど枚挙にいとまがないのですが、新生「color」のポイントは次の2点です。

①完全にFacebookオリエンテッドのサービスにしたこと

②「Video」は30secでかつ、音声をOFFにしたこと

①はInstagramをはじめPhotoやVideo共有サービスの多くは「Facebookにもtwitterにも共有できる」という形でなるべく多くのプラットフォームに対応して、なるべく多くのトラフィックを自社のサービスに集め、その中で独自のネットワークを作るというやり方でした。以前の「color」はむしろどのネットワークにも依存せずに「偶発性による全く新しいソーシャルネットワーク」を作ろうとしていたわけですが、ここをFacebookのプラットフォーム上に完全に載ったサービスとし、あくまで新しい”ステイタス更新”の場所を作ることに集中(Foucs)する判断をしました。これはこれで良い判断だと思います。

ただし、今回の本当のポイントは②なワケです。実際9月の時点で彼らがやろうとしていたのは「Live Streaming」でのステイタス共有でした。しかしbeta版で実際Harverdの学生に使ってもらう中で出てきたフィードバックは、「Live Streamingは気が重い」という事実。確かに生放送だと何か構えてしまうし、写真ほどの手軽さはありません(そう考えると「写真」というのはこのソーシャルな時代において本当にすごいメディアだと思います)。そこであえての”制約条件”として30秒という尺を設けました。さらに手軽さを実現するために音声をOFFにするという選択。言わば「Video」ではなく「動く写真」という新しい手法を選択しました。

 

2.Visitは”動く写真”で実現するPushではないPullの世界

しかし、手法はどうあれ、「Visit」が「ステイタス更新の再発明」となるのかどうか。あえて結論を考察することはやめますが、少なくとも「Visit」という世界観は面白い目の付け所だと思います。Facebook上で彼らがやろうとしていることは、少なくともFacebookと補完関係にあると思うからです。例えば、新生「color」では自ら30秒の動く写真をホストすることもできますが、コアな「Visit」のユースケースはこうです。

①「Feed」に自分の友達が最近アップデートした写真が表示される

②ある友達がUPした夕焼けの写真がとても奇麗。これもっと良く見たいなと思う。

③その写真をアップした友達のページに行き、「Visit」ボタンを押してホストを依頼。

④プッシュで通知を受けたその友達は、すぐに夕焼けのホストを始める。

つまり今までのソーシャルネットワークの「ステイタス更新」というのは”Push”型がほとんどでした。各ユーザーが今の気持ちや出来事、写真などを気のみ気のままに垂れ流していくというものです。しかし上記ユースケースからも分かる通り、新生「color」が提供する「Visit」はむしろ”Pull”の世界観。「Visit」が無ければソーシャルネットワーク上に共有されることの無かった世界が共有されていく、それが「color」がやりたいことなんじゃないかと思います。

 

3.UIに関して

最後にUIに関して。これも大幅に変更されたのでスクリーンショットにてご紹介。チュートリアルまでの”体験”は結構良かったのですが、本サービスのUIは割と普通でしたというのが感想です。

Photo_11-12-08_18_16_48
Photo_11-12-08_18_17_10
Photo_11-12-08_18_22_42

以上チュートリアル。ちょっとくどいんですが、シンプルでオシャレで凝ってます。

Img_2932

「Feed」にはFacebook Friendsの最近のアップロードされた写真が表示されます。これが「Visit」のキッカケになるわけですね。

Photo_11-12-11_22_45_21

本体Facebookにならって、「Timeline」のページには自分のアップロードした写真が見れます。

基本的には「直線」を基調としていてシンプルなUI。この辺は最初の「color」に通ずるところがありますね。ただ最初の時ほどインパクトはなし。

=========

 

さて、新生「color」ですが、正直ものすごく流行りそうかといったらそうでもない気がします。もう1、2回小さなpivotがあればわかりませんが。今後の改善に期待したいです。


[参考記事]

With Facebook At Its Core, Color Will Relaunch As Champion Of The Video Status Update

 

写真・ビデオ共有アプリ「Path」のバージョンアップがすごい5つの理由

クローズドな写真・ビデオ共有アプリの「Path」が11月30日にメジャーアップデートをしました。もし「Path」を知らない方がいたら、先ずはこちらのプロモーション動画を。

 

 

1分少々の動画ですが、このサービスが実現したい世界観が本当に良く伝わります。「Path」は家族や親しい友人に写真や動画をでその「瞬間(moment)」を共有できるアプリです。あえて共有できる最大の人数を50人と制限し、かつすべての投稿においてきめ細かく誰に共有するかも選ぶことができます。本アプリがリリースされた時期的に対して先行していた写真共有アプリ「Instagram」のオープンな思想に対して真逆のアプローチと、何より「デザイン力」の高さが話題になりました。

そんな「Path」が今回初のメジャーアップデート。彼ら曰く「Path2」は、むしろ「Pivot」とも言って良いそのバージョンアップ内容と、デザイン・UIに関してはスマートフォンアプリの最先端を行く彼らがまた我々の想像の範囲を上回るRedesignを見せてくれました。また、ユーザー数も今回のリリースを見ると100万人近くまで増えてきたみたいですね。もっと日本でも話題になって良いのですが、海外のメディアに比べて日本ではあまり…ですね。なのであらためて、ポイントをまとめてこちらで紹介したいと思います。

 

1.Facebook追従を思わせるコンセプトの変更

大きなPivotといえるのがコンセプトの変更です。「親密な人に瞬間を共有する」というベースの思想はそのままに、共有できる情報(or メディア)が「写真/動画」だけではなく、「who you are with (誰といるのか)」「where you are (どこにいるのか)」「what you are listening to (何を聴いているのか)」「what you are thinking (何を考えているのか)」「you go to bed and wake up (寝たのか起きたのか)」という6つの”moment”に拡張されました。そこで彼らが新たに打ち出したコンセプトが「Smart Journal」、なじみのワードでいうと「自分史」「ライフログ」ですかね。新たな「Path」はそれぞれのユーザーのありとあらゆる”moment”を切り取って「自分史」を構築するのを役立る、というわけです。これはまさに今年Facebookがあらたに打ち出した「Timeline」の概念と同じ方向へのシフトですね。

ただ、前回のエントリーでも書いた通り、それが「モバイルベースか否か」で今後のプラットフォームとしての展開には大きな影響があると考えます。彼らはしっかりそこを意識していて、元Facebook、CEOのDave Morinはこう言っています。

Path-aims-for-slightly-social-experience-68leb7d-x-large

We believe in the mobile phone as a very personal device.There’s been an explosion of personal data — what you eat, where you go, who you’re with — that have come with these devices that are always with us, always in our pocke.

つまり、「自分史」を作る上でモバイル以上に最適なデバイスは無いということです。そのすべてがモバイルデバイスでの体験をベースとした、生活に寄り添った形でデザインされているのがFacebookにはできない「Path」の強みだと思います。


2.モバイル”自分史”に最適化された極上のデザイン

その強みをエンパワーするのが圧倒的なデザイン力です。ここで言っているのは意匠としてのデザインではなく、このアプリを使って得られる”体験”や機能を実現する上での”発想”も含めた広義な意味での「デザイン」。オリジナルのPathでもタブバーのデザインや写真表示のギミックなど、洗練されたスマートフォンアプリのトレンドセッターとなっている感はありましたが、今回のデザインもまた新たな世界観を見せつけてくれています。これはもう、使ってもらうしかないのですが細かいギミック含めて、「生活のあらゆるmomentを手軽に残す、共有する」「そうして残して共有した情報が洗練された”自分史”として構築されていく」というのが直感的に理解できます。これは「デザインの力」としか言いようがありませんね。

_11-12-02_22_19_47

自分史のページである「Path」

_11-12-02_22_20_21

なんとタブバーを排除し、新たなギミックとして「Chooser」というボタンを右下に配置。このボタンをタップすると前述の6つのmomentを共有するためのボタンがシュルっと表示されます。圧巻。

また、facebookをトレースしたと思わせるものも多く、特に先日こちらもようやくメジャーアップデートしたfacebookアプリの「スライドメニュービュー」を左右に搭載し、かつTimelineのひとつの大きなアイコンである「カバー」を採用しています。この「スライドメニュービュー」と「カバー」は2012年のスマートフォンアプリUIのトレンドになると思います。

_11-12-02_22_24_19

 

3.新たな収益モデルの模索

Instagramをはじめ、多くのユーザー数を誇るスタートアップのスマートフォンサービスにおいても「収益化」に踏み込んでいるサービスはそう多くはありません。大抵のスタートアップは先ずはファンディングをして、とにかくユーザー数を増やすことに注力するといった感じでしょうか。その中で「Path」は比較的早い段階から「写真へのフィルター課金」という収益化への取り組みを行っていました。ユーザー数の伸びから考えてもそれほどの収益にはなっていないことは想像に難くないですが、また新たな取り組みを今回のアップデートで行っています。今回共有できるmometが6つになった訳ですが、その中で今聴いている音楽をシェアすると、それを見たユーザーは楽曲の情報とともに下記のようにiTunesへのリンクが出てきます。ここでのアフィリエイト収入が彼らの新たな収益源となります。ただこちらに関してもアフィリエイトフィーは薄利ではありますが、今後プラットフォームとしてより拡大していけば馬鹿にできない収益になるかもしれません。

_11-12-02_22_44_49

4.バイラルの強化

またInstagramとの比較論になるのですが、Instagramが約1年間で1000万人のユーザーを獲得できたのはその巧みなバイラルの仕組みがあったからです。InstagramのCEO Kevin Systrom曰く、TwitterやFacebookなど多くのプラットフォームに対応して投稿できることを重視して加工した写真はInstagram内のソーシャルグラフだけではなく、積極的に外部のグラフ(プラットフォーム)へも共有するようにデザインしました。結果Instagramから共有された写真を見たユーザーがその写真でInstagramの存在を知り、そのユーザーがInstagramを使うことでまた他のユーザーへ広がっていくという「バイラルループ」を狙ってうまく作り出したと言えます。

一方「Path」はクローズドがコンセプトであったので共有されるメンバーはごく一部に限られ、局所局所では頻繁にコミュニケーションが発生してもそれが外に広がっていかないという構造的な課題を抱えていました。これはクローズドなコミュニケーション系のサービスが背負う性なので、どうしても爆発的に広がるというよりは地味にコツコツ伸びていくケースが多いように思えます。一昔前ならそのスピード感も容認されたかもしれませんが、1分1秒でも早くユーザー数を伸ばしてプラットフォームの覇権争いをしている現状の競争環境においては、ノンビリ待っていては他社に出し抜かれてしまいます。そこで「Path」は今回のアップデートで思い切ってFacebookのみならず、TwitterやFoursquareなどとの連携で完全外部のプラットフォームへもmomentを投稿できるようにしました。また写真や音楽など外部へ共有されたmomentの”ランディングページ”も非常に凝っていて、いわゆるLPO的な概念で外部に共有したmomentを見たユーザーがどれだけPathに興味をもってダウンロードしてもらえるか(conversion)にも注力しているのが垣間見えます。

_11-12-02_22_18_56
_11-12-02_22_42_28

それぞれ写真、音楽を外部に共有した場合のランディングページ、凝ってます。

また、共有できる最大人数をシレっと50人から150人に拡大もしたそうです。

 

5.Path.comも静かにシンプルにリニューアル

Pathcom

アプリのアップデートに伴ってオフィシャルサイト「Path.com」もリニューアルしました。こちらは見てもらった方が早いですね。とてもシンプルですが、ちょっとした驚きもあると思います。こういう見せ方も潔くて良いですね。サイトにも書いてあるのですが彼らの「Our Values」のひとつである「Simple」を体現してます。

 

以上、今回のバージョンアップは本当にスゴいと思いました。「Path」は2012年さらに注目すべきスタートアップのひとつだと思います。「デザイン力」が本当の意味での競争力になる時代突入ですね。

[参考記事]

Path’s Second Iteration Is Less Photosharing And More Everything Sharing | TechCrunch

One Year Later, Path ‘Personal Network’ App Still Brings the Love